アイドッグ・レスキュー隊 2014年から本格活動 10月にイベントも

 アイドッグ/レスキュー隊さんは、2014年から本格的な活動をされていますが、10年以上も保護活動に関わっている方がスタートさせただけあって、わかりやすくしっかりとした運営をされています。

 「アイドッグ」の意味は、「愛ドッグ」です。

 上記の趣旨をご覧ください。

 また、チャリティショップを設けています。ここから支援のための基金、ポストカード、カレンダーなどの申し込みができるのですが、「賛助会員」の制度もあります。1口3,000円の年会費で、何口でも申し込めます。特典として年に1回のチャリティ商品発送(ポストカードなど)、年数回の活動報告などとなっています。

 保護活動だけでも大変なのに、こうしたショップの運営も大変でしょうから、できるだけ活動されている方の手を煩わせるのはどうかなとも思いつつ、ちょこはなプロジェクトもさっそく賛助会員に1口参加させていただきました。

201608-09%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%af

 直近のイベントとしては、こちらがあります。
 『第3回アイドッグ卒業犬と保護犬の集い』のお知らせ

 10月10日(祝)13時~16時 江東区夢の島3-2-2 イーノの森ドッグガーデン内ドッグラン「中・大型犬エリア」「小・中型犬エリア」貸切
 参加料金:1家族1,000円、犬の料金1,500円(何頭でも1頭分の料金しかいただきません。「綱吉の湯」になった場合は、変更になります)。

 参加の対象となるのは、『アイドッグ・レスキュー隊』の卒業犬と先住犬、そのご家族、保護犬とスタッフの先住犬、そのご家族、応援してくださる元保護犬、そのご家族、そして賛助会員となっています。

 事前に申し込みが必要です。『第3回アイドッグ卒業犬と保護犬の集い』のお知らせから申し込みフォームへ行くことができます。

 このイベントで撮影した子たちが、2017年カレンダーになるとのことです。楽しそうですね! ステキな1日になることでしょう。

choko05
『笑顔をありがとう』はちょこはなプロジェクトの最初の本です。保護犬華ちゃんの笑顔を集めました。収益金は保護活動の団体に寄付させていただいております。
 お求めは、渋谷・大盛堂書店2階「聖地書店」で。
 通販は、こちらへどうぞ

ミニ写真集「笑顔をありがとう」発売中!


詳しくはこちらへ

アイドッグ・レスキュー隊 【里親会】第16回 お邪魔してきました!

アイドッグ・レスキュー隊の里親会が、JR田端駅から歩いて行くことのできる会場で開かれると知り、華のためにまとめ買いしていたペットシート、サイズが合わずに使っていなかったハーネスとリード、チョコのために使っていて手つかずだったペット用の使い捨ておむつなどを持って行きました。

「アイドッグ」の意味は、「愛ドッグ」だそうです。動物先進国に習って、殺処分ゼロに向かい尽力する動物愛護団体を目標として活動されているとのこと。

aidog01
aidog02

ペットン田端店は、近くにあれば必ず利用したはずのショップでした。明るくて品揃えも豊富。ペット用品やペットのフード類、おやつ類も充実していましたし、外には里親募集なども掲示されていました。

aidog03

今回は店の外ではバザー。店内では里親募集中のワンちゃんたち。柵で仕切って、はしゃいでいました。

aidog04

人懐っこい小型犬中心。おとなしい子、すぐに人に近づいてくる子、撫でるとお腹を出してころがる子や、後ろ肢を思いきり伸ばしてリラックスする子もいます。個性的ですね。

ぜひ、すてきなご家族に迎え入れられることをお祈りします。がんばって!

アイドッグ・レスキュー隊の今後のスケジュールは、こちらのブログをご覧ください。

アイドッグ・イベントブログ

現在、発表されている予定は次のとおり。必ず上記サイト、ブログでご確認ください。

第17回 7月16日(土)巣鴨リフレックスニュートリジョン里親会
JR巣鴨駅徒歩5分

第18回 9月17日(土)巣鴨リフレックスニュートリジョン里親会
JR巣鴨駅徒歩5分

アイドッグ・レスキュー隊へのご支援はこちらからどうぞ

ミニ写真集「笑顔をありがとう」発売中!


詳しくはこちらへ